病院

腰を守る

医者

頸椎椎間板ヘルニアの治療には保存療法と手術療法があり、症状や希望に合わせ、最適な治療を選択できます。頸椎椎間板ヘルニアの症状を軽くするには、肩こり改善が有効であり、首の負担を軽くする事で辛い症状が和らぎます。

Read More...

心の健康を保つ

軽視できないストレス

医者

ストレス性胃腸炎は内視鏡検査でも特に異常がないのに胃痛や食欲不振、吐き気、下痢などの胃腸と関連性の高い症状が現れる疾患です。ストレスと言うと現代ではまだ気持ちの問題として片づけられる事も多く、会社によっては「胃が痛いくらいで何だ」と軽視されている事が多い事だと思います。 しかしストレス性胃腸炎はストレスの原因となるものが解消されない限り進行を続け、胃酸過多からの胃炎や胃潰瘍、胃腸の痙攣による食欲不振や下痢、便秘などの身体症状を引き起こす事になります。ストレス性胃腸炎という名前で判断するのは大変に危険なのです。 また、ストレス性胃腸炎を放置していると、その身体症状の苦しみから仕事や家事、育児等の日常生活にも悪影響が出て退職や虐待、精神疾患等にもつながる可能性があるのです。

ストレスの怖さ

ストレス性胃腸炎は多くの身体症状を招きますが、これらについて適切な治療を行わないと胃腸の機能低下や炎症などにより癌を引き起こす可能性が出てきます。過大なストレスは万病につながるのです。単純に気合いを入れれば良いと言うものではありませんので日常のストレスを軽減する事に努める事が必要だと思います。 心と身体は別なものではなく、一体的なものです。ストレス性胃腸炎のように心の不調が病気につながるケースもたくさんありますので、負担に感じるストレスには病気につながる事を認識しておく事が大切になると思います。 ストレス性と言う言葉があるように、今後はストレスを病気になるリスク要因としてより重要視されてくると思います。自分の心と身体のケアを怠らないような努力が必要になります。

腰部脊柱管狭窄症とは

医者

腰部脊柱管狭窄症は症状やMRIなどから診断される。基本的には加齢を原因とするため、手術以外の方法では根治は難しいが、新しい薬もたくさん出てきている。生活習慣の改善も場合によって効果的である。手術をする場合、間欠性跛行の改善が期待される。

Read More...

中高年に多い事

医者

圧迫骨折とは骨に対して縦の力が加わることで骨がつぶれるようにして損傷してしまうタイプの骨折です。最も起きやすいのが椎骨で、特に骨粗しょう症などによって骨が弱くなっている高齢者に高い発症リスクがあります。

Read More...